日本周産期・新生児医学会事業内容

1.目的

本法人は、胎児・新生児及び、それに関わる母性・母体に関連する医療、研究について、倫理的側面に配慮しつつ、その水準の維持と向上及び研究者、医療従事者の育成をはかることにより、母子の保健・医療を通じて、国民の福祉と医療の発展に寄与し、これらに携わる社員及び会員である医師等の医療、研究、教育及び診療の向上をはかることを目的とする。


2.事業内容

(1)学術集会の開催に関する事業
(2)機関誌及び論文図書等の刊行
(3)周産期専門医制度に関する事業
(4)母体・胎児・新生児に関する医学の研究者、医療従事者の教育及び育成
(5)母体・胎児・新生児に関する医学の研究及び調査
(6)内外の関連団体との連絡及び提携
(7)国民に対する母体・胎児・新生児に関する医学情報の提供及び啓発
(8)その他本法人の目的を達成するために必要な事業